DeNAの取組み -楽しくわくわくする健康を戦略的に-

「大事な仲間たちから健康を広げたい」

「⼤事な仲間たちから健康を広げていきたい」との思いから、みんなの健康を当たり前にするため、社員の健康に責任を負う役職CHO(Chief Heath Officer)を担っています。私は⾝近な仲間たちにはいつも健康で、絶好調で笑っていて欲しいと思っています。ビジネスのプロフェッショナル集団を⽬指すDeNAでは、社員⼀⼈ひとりが楽しみながら〝⾃分流の健康スタイル”を⾒つけてもらうことを⼤切にしています。         代表取締役会⻑兼CHO 南場智⼦

DeNA流健康取組5箇条
~楽しくわくわくするような健康づくり~

全ての取り組みは、活動コンセプトである「DeNA流健康5箇条」に則っています。
DeNA流健康取組五箇条

 

 

 

 

 

 

社員に押しつけずに、健康リテラシーや習慣を⾝につけてもらうために、サービス会社ならではの知⾒を、健康経営にも最⼤限発揮!

ポスター

社内ポスターひとつとっても、⽂字やイラスト、掲載場所の選定に⾄るまで、デザイナーや広報、総務など社内のプロと連携。受け⼿⽬線を⼤切に細部までとことんこだわっています。

きっかけの提供から課題の深堀り⇒解決型プロジェクトへ

設⽴初年度は、社員とのタッチポイントを増やしニーズや課題を深堀りするため、ヨガやマインドフルネス、⾷⽣活や睡眠改善などセミナーを年間100件近く(!)開催。(しかも、ほぼコストを使わずに!)結果、参加者へのヒアリングなど深堀する中で、腰痛や睡眠など悩みやニーズ、⽣産性との相関も⾼い課題の発⾒に繋がりました。また同時に、健康に関⼼のない⼈に参加してもらうことの難しさも痛感。そのため、2年⽬以降は、課題解決型プロジェクトを⽴ち上げました。
その⼀部をご紹介すると・・・

・腰痛撲滅プロジェクト(2016年10月~)
エンジニア・クリエイターが多く在籍するDeNAでは、社員の7割以上が⼤なり⼩なり腰痛による業務効率低下を感じていたことから、プロジェクトを発⾜。腰痛に悩む社員を対象に、専⾨家と様々なプログラムを⾏ってきました。直近は、専⾨医によるセルフケアセミナーやCHO室所属の理学療法⼠による個別カウンセリングのほか、デスク環境改善(ディスプレイの位置・椅⼦の座り⽅)をポスターを通じて積極的に啓発しています。
腰痛撲滅プロジェクト

・ウェルメシプロジェクト(2017年5月~)
「食事が変わればカラダは変わる」をテーマに、美味しく健康的な食事を通して「自分のカラダが喜ぶ」食生活を見つけようという企画。「野菜が多いお弁当が食べたい」という社員の声に応える形で、近隣の飲食店とコラボして毎週水曜にサラダボウルなど健康的なお弁当を販売するほか、食に関するセミナー・ワークショップの開催や情報発信など行っています。「美味しい!」というポジティブな体験を通じたアプローチで、健康への関心有無によらず多くの社員との接点やコミュニケーションを創出しています。
ウェルメシサラド ウェルメシプロジェクトセミナー

・新卒研修(2017年・2018年実施)
健康への関⼼が低い⼈へアプローチすることの難しさに対する課題解決のひとつとして、新入社員を対象に、健康に関する知識・習慣の会得を目的とした研修を実施。社会人生活開始時点で健康への関心を高め、仕事のパフォーマンス向上のみならず、今後の人生に活かしてもらうことを目的としています。CHO室の社員や専門家が睡眠、姿勢、食事、デンタルの分野で、役立つリテラシーや実践しやすいTIPSを紹介。結果、健康意識の向上や生活習慣の変化により、「朝すっきり起きられるようになった」など効果を実感したとの声が寄せられています。
新卒研修2018
参考)実施後のアンケート結果(2018年受講者対象)
「健康意識が向上した 100%」「新たな生活習慣を実践している 80%以上」

地域・他企業との共創
〜「みんなの健康を当たり前に!」を、社員から家族・地域・全国へ〜

DeNAの健康経営は、社員への健康サポートを軸に社員のご家族、しいてはDeNA本社がある渋谷区から全国へ「みんなの健康を当たり前に!」を広げていくことを目指しています。企業の枠組みを超え、思いを同じくする人、地域店舗や大手企業、大学や国、医師を始めとする各分野のプロフェッショナルと一緒に、楽しく新しい取り組みを積極的に行なっています。
一緒に取組みたい方、ぜひご連絡ください!
連絡先:cho_office_my@dena.jp