小野薬品の働き方改革!~「残業代」削減分をすべて社員に還元!「ONO SWITCH プロジェクト」で社会にも還元~

小野薬品工業株式会社は1717年(享保2年)に、初代伏見屋市兵衛が大阪道修町に薬種商として創業し、2017年に創業300年を迎えた製薬会社です。当社では働きやすい職場づくりを推進させるために、所定時間外労働の短縮が必須であると考え、働き方の見直しに注力しています。
当社では、業務の効率化と魅力的な労働環境作りの両立によって生産性の向上を目指すため、2014年から働き方改革に取り組んでいます。全社的な取り組みを推進するため、部署毎に推進委員を選定し、個々の意識改革をはじめ業務の効率化や有給休暇取得促進などの働きかけを進めています。その結果、2019年度の社員平均の所定時間外労働時間を2014年度比で2.3時間削減、有給休暇取得率は24.7%向上させることができました。

働き方改革の結果、生産性が向上した成果は還元するという当社基本方針のもと、削減できた時間外手当相当を100%社員に還元するとともに、社会への還元を別途行うという新たな取り組みを行うことを2018年に決定しました。社会への還元は「ONO SWITCH プロジェクト」と題し、削減できた時間外手当に一定比率を乗じた金額を、医療に関係する様々なNPO・NGOに寄付する取り組みで、世界の医療と健康に貢献し、「病気と苦痛に対する人間の闘いのために」という当社企業理念の具現化をより一層推進することを目的としています。

~社会への還元~ 【コンセプト】SWITCH

Save the World by our work style ImprovemenT and CHange
(私たちの働き方の改善と改革を通して世界を救う)

上記の大文字部分を抜粋し、SWITCHとつけました。
働き方をスイッチする、働き方見直しで得られた原資を寄付にスイッチする、働き方見直しのスイッチを入れるという意味を込めております。
本プロジェクトは、寄付先とのパートナーシップにより、医療アクセスおよび医療基盤の改善に取り組んでいます。

各パートナー先と取り組み内容(2019年度)

パートナー 取り組み内容 実施地域
世界の子どもにワクチンを

日本委員会

①ジフテリア・百日咳・破傷風混合ワクチンとB型肝炎ワクチンを一年間分支援
②ワクチンの保冷庫を支援
ブータン
ジャパンハート ①看護師育成支援
②気候変動の影響によって増加しているデング熱患者の致死率減少プログラム
③演習用モデルを利用し、地域住民やスタッフを対象とした心肺蘇生の講習を実施
カンボジア
Future Code ①孤児院において内科的診療、検診、衛生教育を実施
②日本の看護教育をベースとした、看護師の知識・技術強化プログラムを実施
バングラデシュ
ピープルズ・ホープ・ジャパン ①医療施設の環境整備
②母子保健教育
ミャンマー
~社員への還元~

当該年度に削減された時間外分を翌年度に社員及び社員の家族へ福利厚生の充実を通じて還元しています。例えば自己啓発のための教材購入費などが会社負担で補助されます。働き方見直しにより得られた原資を、社員と社会の両方に還元しています。

社員への還元(図表)

問い合わせ

小野薬品工業株式会社 コーポレートコミュニケーション統括部 広報部(代表:06-6263-5670)