「Well-Being OSAKA Lab -DIALOG vol.3」を開催しました!

働き方改革や健康経営を「本気で」進めるために、その効果や、取組みを進める上でのコツを各社で共有する「Well-Being OSAKA Lab -DIALOG vol.3」を開催しました!
今回は、ロート製薬株式会社の副社長兼CHO(チーフヘルスオフィサー)のジュネジャ様、そしてロート製薬人事総務部兼傾向経営推進グループの坂手様にご登壇いただきました。

ジュネジャ様

まず、ロート製薬株式会社の副社長兼CHOジュネジャ様には、「HOW TO MAKE A HEALTHY COMPANY」と題し、健康な企業会社をつくるための考え方や仕組みづくりを、ロート製薬の取組みを交えつつお話いただきました。

薬に頼らない製薬会社を目指すロート製薬。まずは、社員の健康づくりからスタートし、どのように健康経営と向き合ってきたかなど、ロート製薬が目指す健康経営の考え方を知ることができる、とても濃密な内容でした。

さかてさん

坂手様による事例紹介

そして、ロート製薬人事総務部兼傾向経営推進グループの坂手様には、ジュネジャ様のお話をふまえつつ、先進的な健康経営の事例を数多くご紹介いただきました。

社員同士が楽しくできる事例など、すぐに実践できそうな取組みもご紹介いただき、参加者の皆様からも「大変参考になった」「健康経営について考えるきっかけになった」とのお声を数多くいただきました。

最後に、坂手様と、会場の皆様によるワークショップの時間が設けられました。自社について、「ホラーストーリー」⇒「目指す方向性」⇒「到達した状態」⇒「取り組み事例案」の順に考えるワークショップを実践。参加者同士が意見交換する時間が設けられ、活発な議論が見られました。

ワークショップの様子

今後もWell-Being OSAKA Labでは、このようなダイアログ(対話)形式を取り入れた取組みを行っていきたいと考えています。これらを通じ、一人一人が主体的に「健康経営」や「働き方改革」について考え、行動できるようにしていただくとともに、この機会にぜひ交流の輪を広げていただければと思います!!

(参考)当日のプログラム

1.   開会の挨拶(15:00~15:05)

2.   How To Make A Healthy Company(15:05~15:50)

3. ロート製薬の健康経営の事例のご紹介(15:50~16:35)

4. 健康経営実務推進者向けワークショップ(16:35~16:55)

5. 閉会(16:55~17:00)

講師:ロート製薬 取締役副社長兼CHO ジュネジャ・レカ・ラジュ 氏

パネリスト:ロート製薬 人事総務部 健康経営推進G 坂手 秀章 氏