令和元年10月9日 Well-Being OSAKA Lab -Seminar vol.3- を開催しました!

恒常的な働き手不足など、社会を取り巻く環境が変化していく中で、企業は従業員の健康をしっかりと管理・ケアしていかなければ生き残ることが難しい時代になってきました。中小企業が取り組むべき健康経営について考えるセミナー「中小企業が取り組む健康経営 ~人が集まる企業を目指そう!Well-Being~」 を開催しました。

当日は東京海上日動火災保険株式会社の松本氏が『中小企業が取り組む健康経営』をテーマに講演。また、株式会社三木製作所の三木代表取締役から『町工場でもできる健康経営』をテーマに事例紹介して頂いたとともに、ミズノ株式会社の笹倉氏による『ながら運動』を全員で実施しました。そして、最後に大阪府健康医療部より取組み紹介がありました。事後のアンケートでは、多くの参加者から「大変参考になった」との回答をいただきました。

「Well-Being OSAKA Lab」では今後も引き続き、働き方改革や健康経営等の課題解決に向けて、公民が連携した取組みを進めて参ります。

≪当日のプログラム≫
1. 14:00~ 開会のあいさつ(Well-Being OSAKA Lab実行委員長 大山 元康 氏)
2. 14:05~ 講演『中小企業が取り組む健康経営』(東京海上日動火災保険株式会社 松本 卓也 氏)
3. 14:50~ 事例紹介『町工場でもできる健康経営』(株式会社三木製作所 三木 繁親 氏)
4. 15:20~ オフィスでできる運動紹介『ながら運動』(ミズノ株式会社 笹倉 慎吾 氏)
5. 15:50~ 取組み紹介『中小企業に向けた大阪府の取組み』(大阪府健康医療部)

 

セミナーの様子①)          (セミナーの様子②

 

セミナーの様子③)          (セミナーの様子④