令和元年11月26日(火)株式会社OKAN×Well-Being OSAKA Lab『Work Life Value Conference』を開催しました!

令和元年11月26日(火)、グランフロントナレッジシアターにて、株式会社OKAN×Well-Being OSAKA Lab『Work Life Value Conference』を開催しました。
企業の成長には事業成長と組織成長が必要であり、組織成長を考える上では離職・人材流出が大きな問題となります。出産育児や家族の介護、心身の不調による望まない離職で人が辞めてしまった場合、採用や育成にかかった様々なコスト面での損失だけではなく、知識の損失やチームとしての生産性の低下など、企業経営へのマイナスの影響は甚大です。今までの猛烈に働く「働き方1.0」から、仕事と生活のバランスを考えるワーク・ライフ・バランスの「働き方2.0」、そして個々人の直面している様々な「生活=ライフスタイル」の実情に寄り添い、理解し、支援する体制が会社に求められる「働き方3.0」の時代へと潮目が変わりつつあります。
このカンファレンスでは「企業と働く人の働き方3.0を考える」をテーマにトークセッションを行いました。

株式会社OKAN代表取締役CEO 沢木恵太 氏(写真一番右)の進行のもと、Well-Being OSAKA Labからは大山実行委員長(写真中央)が登壇し、元合同会社西友/ウォルマート・ジャパン・ホールディングスCHRO(最高人材責任者)株式会社Works Human Intelligence CHRO(最高人材責任者) 野田公一 氏(写真一番左)と『チャレンジし続ける組織改革。-組織へのアクションはコストなのか、それとも投資なのか?-』をテーマとして様々な意見交換が行われました。

職場での働き方改革・健康経営への取組みとして、成功事例だけではなく失敗事例の共有や、従業員への投資の考え方・承認欲求の満たし方、海外と日本での会社における人事評価の違い、シニアの有効的な活用方法など、実務として経験してきたリアルな話が展開され、会場中で感嘆の声が漏れていました。
この他にもカンファレンスでは、大阪府四條畷市林副市長の基調講演や、doda編集長の大浦氏とトゥモローゲート株式会社代表取締役社長の西崎氏のトークセッションなど、充実したコンテンツがあり、大変盛り上がりました。
「Well-Being OSAKA Lab」では今後も引き続き、働き方改革や健康経営等の課題解決に向けて、主催・共催のイベントを数多く開催いたしますので、是非ともご参加ください。