大阪府が進める働き方改革とは? -予算0(ゼロ)で始めるフリーアドレス-

大阪府がフリーアドレスに取り組む理由

「役所は固定席が当たり前でしょ?」「役所は書類だらけ」と思っていませんか?
大阪府公民戦略連携デスク(10名, 平成30年4月~)では、「フリーアドレス」を実践しています。
取り組む理由は、…きっと何か良い効果がありそうだから!

予算0(ゼロ)でできるんです

フリーアドレスをするには、オフィス家具やOA機器の入れ替えが必須…もちろん、最新の設備を導入するに越したことはありません。しかしそこは大阪府、使えるものは最後まで使います。
なので、予算0(ゼロ)でフリーアドレスを開始しました。「タダ」でできるところまでやってみます。

まずは書類の整理から

スタートするにあたって決めたことは、島(:自由席の範囲)の位置と、各自の持ち物を入れるための引き出しの置き場所。引き出しも新たに導入したのではなく、今まで机の脇机として使っていたものを再利用しています。その後一週間ほどかけて行うのは…そう、古い書類の整理。出るは出るは…。
一人あたり決められた引き出しに荷物を整理しなければいけないので、不要なものは処分したり、電子化する他ありません。もちろん書類として必要なものがあるので、それは共有書類として保管。
紙は、思った以上に、多かったです。

思わぬ効果がありました

フリーアドレスを初めて、思わぬ効果がありました。一つは、身の回りの整理整頓が徹底され出したこと。
机の上に書類を置きっぱなしにしたり、山積みにできないので、自然に片づけます。(明日は上司が自分の席に座るかもしれないので…)
そしてもう一つは、コミュニケーションの活性化・業務効率化。その日やらないといけない仕事を見据え、自然にその仕事に関わる人が近くに集まったりします。すると、相談をしながら仕事ができて、今までより効率的に業務が進むケースが見られるようになりました!これは良い!さらにいつもは遠い席に居た上司が横にいて、事前に摺合せができるので、大きなミスが減ったり。そんな効果があります!

ね。誰でもすぐにできるでしょ?

ここまで見て分かったかと思いますが、これ、どこの会社でもできます。そして、すぐにできます。
働き方改革は色々な取組みがありますが、まずは予算ゼロでフリーアドレス、まさにFREEアドレス
ぜひみなさまも実践してみてください。

 

フリーアドレス実施前(Before)

フリーアドレス実施前(Before)

フリーアドレス実施後(AFTER)

フリーアドレス実施後(AFTER)

 

お問い合わせ先

大阪府公民戦略連携デスク
〒 540-8570 大阪府大阪市中央区大手前2丁目(府庁本館4階)
電話:06‐6944‐6401(直通) メールアドレス:koumin@gbox.pref.osaka.lg.jp

公民戦略連携デスク