三井住友海上の健康経営-社員が健康でいきいきと働くことが目標です-

三井住友海上は、MS&ADインシュアランス グループの中核事業会社として、「グローバルな保険・金融サービス事業を通じて、安心と安全を提供し、活力ある社会の発展と地球の健やかな未来を支えること」を経営理念に、その実現に向けて取り組んでいます。

スマホ

 

 

 

 

健康経営】健康づくり宣言

社員は会社の財産であり、社員が健康であることは経営理念の実現にとって欠かせない要素です。

社員が心身ともに健康で活き活きと働くことができるよう、会社は社員一人ひとりの心身の健康を大切にし、安全に配慮した労働環境を確保することで、健康の保持増進を支援します。

 健康経営の全体像

「治療と仕事の両立」を支援する制度等、社員が健康で活き活きと働ける環境整備を行うとともに、「従業員の健康増進」「健康リテラシー向上」の観点から各種取組を展開します。

三井住友

健康増進重点項目

社員が元気で活き活きと働くことを目標に、次の4つのテーマを中心に、健康増進対策を行っています。

①運動習慣の推進 ②健康的な食生活の推進 ③十分な睡眠時間確保の推進

④受動喫煙防止対策と禁煙支援

 

健康増進支援の具体的な仕組み

■日常取組

人事部健康管理センターでは、「ココカラダイアリー」(※)などを活用し、年間を通じて、健康情報の発信等、健康的な生活習慣の定着取組を支援しています。また、健康セミナー、職場巡回健康相談、健康増進に関する情報発信を行っています。

(※)お客さま支援(個人の健康づくり、法人の健康経営促進)ツールとして当社がリリースしたアプリです。ご自身のストレス状態や歩数の測定、食事の記録など、毎日のココロとカラダの健康づくりに活用できます。

■期間限定キャンペーン

運動習慣、食生活の改善を推進する期間限定のキャンペーンを企画し、社員の健康管理をサポートしています。

■受動喫煙防止対策と禁煙支援

2018年4月より社内喫煙ルールを改定し、喫煙環境の条件は「敷地内禁煙」「屋内禁煙」または「空間分煙」とし、喫煙環境の改善に取り組んでいます。また、「喫煙習慣」は疾病の一つであると言われていることから、喫煙者への禁煙支援も併せて行っています。

 

お問合せ先  三井住友海上火災保険株式会社 関西企業営業第三部 公務開発室 星野