日本生命が進める取組み -人生100年時代を見据えたリカレント教育「ニッセイアフタースクール」とは-

ワークスタイル変革により捻出した時間を、自身の能力伸長や視野拡大につなげるための能力開発支援プログラム「ニッセイアフタースクール」を展開しています

「ワークスタイル変革」の実践に向けて

日本生命では2015年に「人財価値向上プロジェクト」を立ち上げ、「ワークスタイル変革」、「人財育成」、「ダイバーシティ」を3つの柱として、さまざまな取組を推進しています。この「人財価値向上プロジェクト」の特徴は、社長自ら座長を務め、トップ主導で会社全体の取組を推進していることです。その中のひとつである、「ワークスタイル変革」の実践に向けて、「ワークライフマネジメント」の実践による生産性・効率性の向上に取り組んでいます。

「ワークライフマネジメント」とは、単に「ワーク」と「ライフ」のバランスを図ることに止まらず、この2つをマネジメントすること。つまり、「ワーク」においては限られた時間の中で生産性・効率性を高める働き方を追求し、一方で「ライフ」の時間の広がりを自己成長に繋げることで、それをまた生産性の高い「ワーク」の前進として還元するという好循環を創出する取組です。この取組の一環として、「ニッセイアフタースクール」を展開しています。

 「ニッセイアフタースクール」の展開  

「ワークスタイル変革」を通じて捻出した時間を自己成長に活かす目的で、2017年度から能力開発支援プログラム「ニッセイアフタースクール」を展開しています。当プログラムは、ビジネススキル修得や管理職向けマネジメント講座、健康増進等の幅広いテーマで開催しており、合計で71種類のコンテンツがあります。

様子

<ニッセイアフタースクール>

自宅のパソコンやスマートフォン等のオンラインでも受講可能なコンテンツを拡充することで、2017年度の開始から、2018年7月現在に至るまで、のべ約13,500 名(うちオンライン7,200名)が受講し自己研鑽に取り組んでいます。オンラインを受講している従業員からは「自分の好きな時に学習でき、わからないところは繰り返し学習できるので便利」といった声が寄せられています。また、育児中従業員のキャリア形成も後押しするため、産育休期間中も受講が可能です。

今後は、人生100年時代を見据えた、社会で長く活躍するための、40代50代向けコンテンツについても拡充していく予定です。     

様子2

<ニッセイアフタースクールオンライン>

(お問い合わせ) 日本生命保険相互会社